☆SOD factory☆
 名画の休憩〜徒犬♪

SODfactory美術館

名画の休息〜徒犬(尾州不二見原)

葛飾北斎(1760〜1849年)
1831年に発表された 富嶽三十六景の中の1枚です。



北斎といえば、
まず「神奈川沖浪浦」を思い浮かべる人が多く
浮世絵のイメージが大きーです。

けど、
肉筆画も素晴らしーし
北斎「漫画」を描いたり
油絵も描いたり、
巨大な達磨絵も描けば
米粒に描いたりもしました。

「好奇心旺盛なチャレンジャー」
のよーな感じがするけど、
画号や住む所もコロコロ変わっており、
節操が無い飽き性なだけ
だったのかも
しれません(笑)

いろいろやってるけど、
自分の絵には自信とこだわり を持ってました。

浮世絵の版下絵が精細な上に
あれこれ注文が多くて、
彫り師&摺り師泣かせだったよーです。

「赤富士」と呼ばれる「凱風快晴」は、
一見、赤と青と碧が有ればできそーです
  が!
摺り回数は7回!
よく見ると
ボカシも入ってるし
微妙な感じのこだわりがあったんですね。

シンプルで迫力のある富士山
だけど、
抽象画のよーな
デザイン画っぽくも
見えなくもありません。

実際の富士山とこの絵を比べると
形が合わないし、
「やっぱこの絵もデフォルメされとるんか〜」
 と思いきや!
少し上からの鳥目線
だと、
この富士山の形にピッタリはまる

とのこと。
凄いっすな!
北斎の想像力ぅ。

「神奈川沖浪浦」も、
あの形になる瞬間があることが、
実験でわかっています。
凄いっすな!
北斎の観察力ぅ!!

形は正確だけど
あの赤は斬新で印象的です。
夕焼けか朝焼けか
どっちでしょーね〜?
長いこと朝日と考えられときたけど、
 凱風=南風
なので、
夏の晴れ渡った日
だそーです。

通りかかった時に
あんなにハッキリクッキリと
富士山が見えると嬉しー ですね〜♪


っと思ったら、
子供が滑っとるがや!
柵があって
小さい滑り台や遊具もあるし
公園?!

表面がツルツルな
富士山滑り台
のある公園
  「赤富士公園
売店はこちら♪
 2013年 194×266mm


因みに、
表面がツルツルで
富士山の形をしていて
いろんな方向へ滑れる
富士山滑り台があるのは
名古屋だけ
とのこと(>_<)
全国共通と思って描いたのに(;_;)



参考文献 : サライ2009年7月2日号
     : 永谷園のお茶漬け名画ガード〜監修 中山公男
     : 名古屋市博物館「北斎だるせん」図録

 
 
 





 ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥  





 
やればすぐ効く!観る薬 最新処方